au携帯の個人的な評価・価格・新機種、新サービスの情報を配信中!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W61P評価(カメラ&レスポンス)


関連:W61P評価(カメラ&レスポンス)W61P評価(外観&ボタン)W61P評価W61P価格W61P発売日

カメラの起動速度> 4点

カメラの起動速度は早めです。起動していらいらすることは少ないと思います。

カメラの追従性> 4点

カメラの追従性も普通です。結構きれいに写ります。

カメラのオートフォーカス精度> 0点

オートフォーカスはありません。撮影のときはマクロのスイッチに気をつけてください。

全体的なレスポンス> 5点

レスポンスは非常に早いです。快適に操作できます。

メニューのレスポンス> 5点

メニューのレスポンスも非常に軽快です。

文章入力のレスポンス> 4点

レスポンスは早めです。文章も快適に打てます。

トータル 22点/30点

カメラにオートフォーカスの機能はありません。薄型するために削ったんでしょうね。残念です。

レスポンスは軽快です。ストレスフリーで使えます。
記事の続きを読む
W61P評価(外観&ボタン)


関連:W61P評価(カメラ&レスポンス)W61P評価(外観&ボタン)W61P評価W61P価格W61P発売日

数字ボタンの押しやすさ> 5点

数字が盛り上がっている新しいスタイルのボタンですが、意外に押しやすいです。

十字キーの押しやすさ> 5点

十字キーは押しやすいです。真ん中の決定ボタンも大きめなので使いやすいです。

クリアボタンの押しやすさ> 5点

ボタンのスタイルから押し間違える心配も無く、ダイヤルキーの延長の位置なので押しやすいです。

デザイン> 5点

ボタンのデザイン、表面のシンプルなデザインと非常に人気になりそうです。

もち心地> 3点

薄い板のようですね。多少丸みがあったほうがもち心地は良かったかもしれません。

開けやすさ> 5点

ワンプッシュオープンの機構は薄型端末には必須の機能ですね。

カラーラインナップ> 5点

auにしては珍しく5色ものラインナップをそろえています。赤・青ときれいな色から白・黒・ゴールドのシックな色まで。

汚れの目立ちやすさ> 2点

汚れに関しては結構目立ちます。メタリックな部分はしかたないですね。

トータル 36点/40点

デザイン性は今まで発売された端末の中で個人的には1番好きです。

カラーも全5色と非常に豊富で、売り場で悩んでいる人をよくみかけます。

ボタンも独特ですが非常に押しやすく文句なしです。
W61P評価


関連:W61P評価(カメラ&レスポンス)W61P評価(外観&ボタン)W61P評価W61P価格W61P発売日

<ディスプレイ> 3点

2.9インチのQVGA液晶です。サイズ的には十分です。

<サイズ> 5点

ワンセグ搭載の非常に薄い端末となっています。

<重さ> 4点

107gと非常に軽いです。薄くて軽いのは非常にうれしいですね。

<基本機能> 5点

基本的な機能はかばーしています。この薄さでこの実力はすごいです。

<独自性> 5点

ボタンがいままでにないデザインとなっています。押し心地は気になりますが、ボタン編で触れます。

<各種端子の位置> 5点

ストラップホール、メモリーカード、カメラはすべて標準的な位置についています。

トータル 27点/30点

12.9mmという非常に薄いボディーにワンセグ等の機能を搭載しています。

その薄さと機能もさることながら、今回はデザイン的な面でも非常に人気となりそうです。
W61S発売日



関連:W61S評価(カメラ&レスポンス)←W61S評価(外観&ボタン)W61S評価W61S価格W61S発売日

W61Sの発売日5月3日発売です。

期待の春モデル最後の登場です。
W61S価格



関連:W61S評価(カメラ&レスポンス)←W61S評価(外観&ボタン)W61S評価W61S価格W61S発売日


掲載時の価格最新の価格
新規フルサポートコース

4980

新規
シンプルコース新規
機種変更フルサポートコース19800機種変更
シンプルコース機種変更
白ロム ―白ロム

W61S評価(外観&ボタン)



関連:W61S評価(カメラ&レスポンス)←W61S評価(外観&ボタン)W61S評価W61S価格W61S発売日

数字ボタンの押しやすさ> 2点

ボタンは非常に詰まった感じを受けます。スライドする面積が狭いせいでしょうか??

十字キーの押しやすさ> 4点

少し小さめですが、ドコモの+ジョグよりも押しやすくなっています。

クリアボタンの押しやすさ> 2点

ダイヤルキーとの段差がかなりあり、なおかつボタンが小さいので押しにくいです。

デザイン> 5点

裏側のデジカメスタイルは非常にクールです。

もち心地> 2点

数値以上に大きさを感じます。丸っこいデザインなのにここまでとは・・・

開けやすさ> 5点

スライド携帯は開けやすさは最高です。

カラーラインナップ> 3点

3色というのは少し物足りないですが、いい3色だと思います。

汚れの目立ちやすさ> 4点

ディスプレイが前面にでているのである程度は目立ちますが、思ったほどではありません。

トータル 27点/40点

持ってみると改めて大きさを感じます。そしてボタンが押しにくい。

本当に携帯とデジカメを別々に買ったほうがいいのではないかと思いました。

W61S評価



関連:W61S評価(カメラ&レスポンス)←W61S評価(外観&ボタン)W61S評価W61S価格W61S発売日

<ディスプレイ> 4点

2.8インチの高精細ワイドVGA液晶で、撮った写真もその場できれいに確認できます。

<サイズ> 2点

ビックサイズです。デジカメだと思えばそうでもないですが。

<重さ> 1点

149gと非常に重いです。

<基本機能> 5点

サイバーショットの名を冠したデジタルカメラ機能、ワンセグ、Felica、Bluetoothなど入っていない機能はありません。

<独自性> 5点

ドコモのサイバーショットとはまた雰囲気の異なる端末となっています。

<各種端子の位置> 5点

メモリーカードスロット、カメラは通常の位置です。ストラップホールは端末下部にあります。

トータル 22点/30点

機能面ではすばらしいのですが、サイズ、重さの面ではやはり弱いですね。

デジタルカメラに携帯電話の機能がついているものと考えればワンセグもついているので、非常にいいと思います。

しかし、カメラ機能の優れた携帯電話と考えるとサイズの面から少し悩む必要がありそうです。
W61SA価格

 

関連:W61SA評価(カメラ&レスポンス)←W61SA評価(外観&ボタン)W61SA評価W61SA価格W61SA発売日


掲載時の価格最新の価格
新規フルサポートコース

4980

新規
シンプルコース47000新規
機種変更フルサポートコース19800 機種変更
シンプルコース47700 機種変更
白ロム ― 白ロム
W61SA発売日

 

関連:W61SA評価(カメラ&レスポンス)←W61SA評価(外観&ボタン)W61SA評価W61SA価格W61SA発売日

W61SAの発売日は

北海道

2008年4月26日

東北

2008年4月25日

関東

2008年4月26日

中部

2008年4月26日

北陸

2008年4月26日

関西

2008年4月26日

中国

2008年4月26日

四国

2008年4月26日

九州

2008年4月26日

沖縄

2008年4月17日

W61SA評価(外観&ボタン)

 

関連:W61SA評価(カメラ&レスポンス)←W61SA評価(外観&ボタン)W61SA評価W61SA価格W61SA発売日

数字ボタンの押しやすさ> 2点

通常のスライド携帯よりもさらにボタンが小さく非常に押しにくいです。長いメールをよく打つ方にはお勧めできません。

十字キーの押しやすさ> 4点

十字キーは比較的普通です。段差が無いのは、やはりおしやすいです。

クリアボタンの押しやすさ> 2点

ダイヤルキーと一体なので押し間違えも多そうです。

デザイン> 5点

フルフロントスタイルもいいですが、箱みたいなデザインもいい感じです。

もち心地> 4点

手に持って見ると数値ほど大きさを感じません。

開けやすさ> 5点

スライド携帯は開けやすさは最高です。

カラーラインナップ> 5点

3色というのは少し物足りないですが、黒との対比がしっかりしたラインナップでいい3色です。

汚れの目立ちやすさ> 1点

汚れは目立ちます。ブラックに関しては裏側まで・・・覚悟が必要です。

トータル 28点/40点

外見は非常にかっこいいのですが、ボタンが非常に押しにくいです。

W54SAのボタンは押しやすかっただけに残念です。

やはり黒が基調ということで汚れは目立ちますね。気になる方はストラップをクリーナー付きにする必要があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。